machiの関西食べ歩きブログ

machiの関西食べ歩きブログ
071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

大好きなカレー屋さんが梅田にNEW OPEN♪ カトマンドゥカリー PUJA 梅田店

6/10(火)、私の大好きな高槻に本店のあるお店
カトマンドゥカリー PUJA 梅田店 がOPENしました

ここ梅田店で6店舗目になりますが、
今までの店舗は
本店高槻の他に
宝塚・三田・六甲・甲子園と、中心地からは離れていたので、
梅田は意外でした

OPENから1か月は、
名物でもあるチーズナンを、1ピースサービスしてくれるとのことで、ギリギリ行ってきました





メニュー







ネパールランチ 900円にして、
カレーは2つを共同で

バターカリー(ビーフ)



バラックカリー(ダル)



ナンは2人分一緒に来るんやね~

これ、友達やといいけど、1枚を分け合うなんて、上司とかやと気つかうかもですね(笑)

ナンはお代わり自由です

上に乗っているのが
サービスのチーズナン



バラックカリーは、ほうれん草のカレーで、
辛さは5種類から選べるので
真ん中の辛口



結構辛い~
刺激的なカンジではなく、ジワジワと辛みがやってきて、ほうれん草の風味よく、ウマ~

中には豆がたくさん入っています

バターカリーは、
下から2番目の中辛



これはバターのコクがあって、心地よい甘みが~
まろやかな味でこれ好きやなぁ

ビーフはゴロゴロとかたまりが入ってるのかと思ったら、角切りくらいの小さいお肉が入っていて、食べやすいし、美味しい~

私的に、インドカレーでさらさらのルーやと物足りないので、ここのがぽってりとしたとろみがあり、私は大好きなんよね

スープに



サラダに




ネパール料理 一品までついちゃいます



スープも美味しいし、
サラダはシンプルやけど、シャキシャキで、逆にカレー自体がボリュームあるし、味も濃いので、こういうさっぱりしたのが嬉しいね

大好きなチーズナンは



びよ~ん、びよ~んとチーズが伸びる

チーズ好きにはたまらな~い

これはサービスがなくなっても、いつも毎回頼んじゃうんよね

昔はなかった、チーズナン付きのランチができて嬉しいです

以前の高槻本店の記事はコチラ

こんときも同じようなカレー食べてる(笑)

やっぱ、単品で注文するチーズナンは、ボリュームが半端ないね

ナンは、もちもちの食感で、バターの風味がよく、美味しいです

個人的にはパリッとした部分も好きなので、外側がもう少しカリッと香ばしく焼けてるともっと嬉しいな

本店の家庭っぽい雰囲気と比べると、カウンターなんかもあり、少しカフェっぽくオシャレなカンジで、2階席もあります

大満足

高槻本店も私の家からはかなり行きにくいので、梅田で食べれるようになって嬉しいです

ご馳走サマ

スポンサーサイト
【 2014/07/09 (Wed) 】 カレー | TB(0) | CM(8)
本格的なカレーですね。
お子ちゃまが好むカレーとはまた違う感じがします…(^_^;)

昔、インドの友達が作ってくれたカレーを思い出しましたよ。
【 2014/07/09 】 編集
さすが梅田!いろいろ有名店が進出してきますね~

インドカレー料理かと思いきや、ネパールカレー料理なんですね!

美味しそうなので、わたしも行ってみたいと思います。
【 2014/07/10 】 編集
麺探偵さん
本格的でありながら、誰でも親しみやすい、子供でも美味しく食べれそうです♪
あら、インドのお友達が!!
交友関係、広いですね〜♪
【 2014/07/10 】 編集
うっし〜さん
はい、ランチで行ける距離に出来てくれると、嬉しいです♪
そうなんですよ〜
ナン=インドカレーみたいなイメージがあるので、間違えて書きそうになりました。
ぜひ〜!ここは私はオススメです!
【 2014/07/10 】 編集
三田に出向してた時は食べに行ってました。
チーズナンのランチができたなんて嬉しいじゃないですか(≧∇≦)
【 2014/07/10 】 編集
たむさん
そっか、三田~!!
でしょでしょ(^^)
いっつもチーズナンプラスしてたから、チーズナンが最初からついたランチはありがたいです♪
【 2014/07/10 】 編集
うちの職場のお隣さんがここで飲み会したみたいですが、めっちゃ美味しかったと絶賛でした。私もいってみたい。
【 2014/07/10 】 編集
うどんかふぇさん
あら、タイムリーですね(^^)
ここで飲み会も楽しそう♪
私も絶賛しときます(*^-^*)
【 2014/07/11 】 編集
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL