machiの関西食べ歩きブログ

machiの関西食べ歩きブログ
071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

〆まで絶品♪ 中央区北久宝寺町 旬菜和食 万や

中央区北久宝寺町にある
旬菜和食 万やへ





このお店は
グルメのお友達(師匠)が大好きなお店で、出汁巻きが絶品というので、連れて行ってもらいました

ビールで乾杯



メニュー











お付きだし



獅子唐・これからやってくる春を先取りしての、ホタルイカの酢みそ和え・そして、茶碗蒸し~

お付きだしで、茶碗蒸し



中には白きくらげに小柱が入っています~

シンプルながらお出汁の旨味とほんわり優しい食感を楽しんでいると、中から白きくらげが、アクセントになって、いいね

ほぼカウンターの店内は、お喋り好きそうな大将たちとの距離も近く、会話も楽しめるし、調理してる様子も見ることができます



お造り盛り合わせ



ぶりはらに、鯛に、赤貝

茎わさびが嬉しいね 



ブリは希望で、めっちゃ脂ののった部分を出してくださったので、口にすると、脂がジュワっと、とろける~ 

赤貝は、ヒモの部分も美味しい

鶏肝生姜煮



これもオススメとのことで

ウマ~

ねっとりと、噛むとしっかり濃厚で、お酒も進んじゃいそう

この日目当ての
だし巻き



大将の巻く様子がまた素晴らしいと言うので、凝視してました



ウマ~

出汁がギュッと卵の中に凝縮されており、噛むとふんわり卵の中からジュワ~ジュワ~っと溢れ出してきます

なのに、お皿には全然出汁がでてこないんよね

これは、大将の玉子の巻き方が、少しずつ、何回にも分けて、何層にもしているので、お出汁をうまく閉じ込めているんだとか~

出来るようになるには1000回は巻かなあかんとのことですが、1万回練習したって私には出来ない気が

白子ポン酢



もはや、歯なんて要らないってくらい、
口にするとすぐにとろ~っととろけてなくなる

棒鱈と京芋焚き合わせ



なんと美しい

棒鱈と言うと、おせちのイメージが強いけれど、
おせちほど日持ちさせなくっていいから、もう少し優しめの味で、おせちのを想像すると、ちょっと印象が違うかも、とのこと~

どっちも好きやわ

棒鱈のこの食感、大好きなんよね

お店に入ってわりとすぐに、〆は決まってるから、と言われていた〆を注文

生湯葉あんかけ御飯



半分に分けて盛りつけてくださいました



開けると、ふわ~りゆず皮の柑橘の香りが心地よいです

めっちゃウマ~

あんかけのとろみが絶妙の美味しさです



そしてこ~んなにたっぷりの湯葉が

餡と湯葉とご飯のハーモニー、〆はいつもは必要ないと思っている私もほんとに夢中で食べて完食

めっちゃ美味しかった~たまりません

ランチ営業もされているようで、1種類の定食のみ、
この出汁巻きが1切れ入って、夜にお出ししているお造り、揚げ物、煮物などが入る豪華なランチで大人気のようです

ランチも食べてみたいなぁ

ご馳走サマ
スポンサーサイト
【 2015/02/14 (Sat) 】 和食 | TB(0) | CM(4)
たまりませんね。
調べてしまいましたよ。
こんど行こっと。
【 2015/02/14 】 編集
見るからにええお店ですね〜
グルメの師匠、さすがです。

ランチが是非見てみたいので、近いうちに再調査願います(笑)
【 2015/02/14 】 編集
よっぱらいねこさん
ぜひ~!!
料理はすごく洗練されているのに、お店の方がとっても気さくで肩肘張らずにいけて、ステキなお店でした(^^)/
【 2015/02/15 】 編集
麺探偵さん
ほんと、師匠に教えてもらうお店は間違いないんですよね♪
ランチ、行ってみたいんですけど、この辺はほとんど行くことなくって、どこ歩いてるのかもよくわからず、なかなかハードルが高いです(゚Д゚)
【 2015/02/15 】 編集
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL