machiの関西食べ歩きブログ

machiの関西食べ歩きブログ
091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

隠れ家的フレンチレストラン ブラッセリー エール『グラタンランチ』

福島区福島、JR福島駅近く、
ホテル阪神の裏手の路地にある
隠れ家的フレンチレストラン
ブラッセリー エール(BRASSERIE AILES)へ



ほんま隠れ家的雰囲気、
福島には何度も来ているのに、駅近くにこんなところがあるの知らんかったわ~



この訪問の前の土曜日、たまたまテレビをつけたら
『モモコのOH!ソレ!み~よ!』で
ある名店を探し求める企画
「グルメステーション」!
第6弾となる今回は、福島駅周辺にあるチーズ料理の名店を探し求めます!
ってのをやってた

家出るちょっと前やってんけど、
大好きな福島、そして大好きなチーズ、気になって出れな~い

その特集で知ったお店です

気軽なカフェ風の雰囲気ですが、
コートをお預かりしてくださいます

ランチメニュー





大好きながレットも気になるのですが、
今回は番組で一目惚れした
グラタンランチ 1000円

冬限定やしね

まずは
サラダと



自家製アールグレイのパン



サラダは、お野菜と、オイルベースの酸味を利かせたシンプルなものなんやけど、その分サツマイモのチップの甘みとカリッと食感が引き立ち、ウマ~

パンは、
アールグレイの香りがしっかり、広がる

カリッと食感もよく、パン自体も香ばしいので、バターいらずでウマ~

小さめサイズなので、1種類でお腹が膨れすぎないのもありがたいね

フォカッチャのパン



外はパリッと、見た目もバゲットに少し近いかな
と思ったけど、中は優しめのモチモチ感があり、ローズマリーかな
も、ほんのりきいています

メインのグラタン 本日は
ノルウェーサーモンとたっぷり野菜のグラタン



めっちゃ熱々

ホクホクのジャガイモはハフハフなる~

写真は、とろとろ~のお葱に
塩気のきいたノルウェーサーモン



食べ進めていくたびに、いろんなお野菜が現れます

トマトに、えんどう豆、絹さやに、そら豆やったかな~

いつも豆の種類があやふやで、違うかも

トマトは熟して甘~い

玉ねぎ、パプリカ、エリンギに、
れんこん~

れんこんは、ホクホクよりもさらに少し固さを残していて、これがウマ~い

カリフラワーに、かぼちゃに、にんじん

ブロッコリーに、2種ほど何か分からない珍しい野菜まで~

いったい何種類

自家製のホワイトソースは、
濃厚なコクがあり、心地よい甘みを感じるので、チェダーチーズとサーモンの塩気と相性ピッタリ

野菜たちの甘みとも

食後のドリンクは
エスプレッソをチョイス



熱々で、コクのある苦味がいいね

お代わりのお水もオシャレです



1000円のランチで熱々のパンを出してくれたり、サービスも行き届いたステキなお店でした

夜も行ってみたいです

私がいる間にも、予約の電話がたくさん入ったいたけど、満席で断られていたので、予約した方がよさそうです

ご馳走サマ
スポンサーサイト
【 2015/03/03 (Tue) 】 フレンチ | TB(0) | CM(6)
たまらんお洒落な店ですやん。
いっぱい入ったグラタンがたまりませんわ。
垂涎です。
奇しくも根菜チップが続きましたね。
【 2015/03/03 】 編集
1,000円のランチでこれだけ食べれたら、満足ですねぇ
予約満席も頷けます。

福島、ホンマにお洒落やわ〜
【 2015/03/03 】 編集
ほんま隠れ家って感じでオサレ~♪
めーめーが愛する西成では絶対こんな店ないな(* ̄m ̄)プッ

ハフハフしながらあっつあつのグラタン食べたくなっちゃいました♪
想像したら火傷した上顎がうずいたけど(。・w・。 ) ププッ
【 2015/03/03 】 編集
よっぱらいねこさん
でしょでしょ♪
私もすごいボリューム!!って思ったけど、野菜がたっぷりなのでペロっと食べちゃいました(^^)/
あら、さすがねこさん、そんなところまで気づいてくれるなんて嬉しいです(*^_^*)
【 2015/03/04 】 編集
麺探偵さん
ほんと、さすが福島、こんなオシャレなお店でもランチがリーズナブルです♪
夜も行ってみたいです~
【 2015/03/04 】 編集
めーめーさん
西成にあったら、違和感ハンパないです(笑)
でも私はむしろ、めーめーさん愛する西成で昼飲み一度してみたいです♪
めーめーさんなら作れそうって思ったけど、火傷が治るまではお預けですね(^^)/
【 2015/03/04 】 編集
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL